ニュースカテゴリー
  • 行政
  • 企業
  • 団体
  • 地域ニュース
  • 人事・訃報
  • 発注公告
  • 特集
TOP > 地域ニュース > 記事

立命館/総延10万㎡竹中で実施設計/大阪茨木新キャンパス

 立命館(京都市)が大阪府茨木市に計画している大阪茨木新キャンパスの建築計画概要がまとまった。施設は大学・大学院の学舎や体育・学生施設、市民開放施設など、総延べ約10万㎡の規模。実施設計を竹中工務店で進めている。今後、埋蔵文化財調査や施工者との契約を経て、造成工事を2013年4月、本体工事は同6月から7月にも着手する見通し。15年4月のキャンパス開設を目指す。
【6月にも本体着工】
 建物の規模は、S・RC造9階建て延べ9万7800㎡。学舎と体育・学生施設、市民開放施設は連結させる構造としている。敷地北側に学舎、その南に体育・学生施設、その東側に市民開放施設を設ける。建築面積には3万0982㎡を充てる。基本設計は山下設計が担当した。
 学舎には、びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)から経営学部・経営学研究科、衣笠キャンパス(京都市)から政策科学部・政策科学研究科の研究機能を移転入居させる。また、大学院の経営管理研究科、テクノロジー・マネジメント研究科も入居させ、地域経済やアジアとの経済連携などに関する研究拠点とする。市民開放施設には、市民が利用できる図書館やホール、地域連携施設などを入居させる計画だ。
 このほかのキャンパスの敷地では、体育・学生施設の南側にグラウンドを整備するほか、西側のJR東海道線に沿った部分に道路を設ける。またグラウンドの東側はリザーブスペースとし、将来の活用に備える見込み。
 さらに、市民開放施設の北側約1.5haは、都市再生機構が防災公園整備事業により公園を設置する。都市機構は7月に立命館から土地を取得し、整備計画の策定作業などを進めている。
 建設地は、JR茨木駅南側にあるサッポロビール大阪工場跡地(茨木市岩倉町2-1)のうち、9万8661㎡。
[ 2012-11-27  13面  面名:関西面]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>