ニュースカテゴリー
  • 行政
  • 企業
  • 団体
  • 地域ニュース
  • 人事・訃報
  • 発注公告
  • 特集
TOP > 行政 > 記事

技術者単価、11職種で上昇/国交省/測量上級主任技師が大幅増

 国土交通省は、土木関係設計業務委託などの積算に使用する2013年度の技術者単価(基準日額)を決めた。19職種中11職種の単価が上昇。金額ベースで見ると、測量上級主任技師の増加幅が最も大きく、前年度より1100円上昇した。一方、測量助手の下降幅が最も大きく800円下がった。全職種平均では0.37%上昇の3万2995円。4月1日から適用する。
 上昇した11職種は設計業務の技師A、技師B、技師C。測量業務の測量上級主任技師、測量主任技師、測量技師、測量技師補。航空関係の操縦士、撮影士。地質業務の地質調査技師、主任地質調査員。
 技術者単価は、所定労働時間内8時間当たりの▽基本給相当額▽諸手当(役職、資格等)▽賞与相当額▽事業主負担額(退職積立金、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、介護保険、児童手当)--で構成している。時間外、休日、深夜の割増賃金や作業内容を超えた労働への手当てなどは含まれていない。外注契約の技術者単価や雇用契約における技術者への支払い賃金を拘束するものではない。
 職種ごとの基準日額は次のとおり(カッコ内は前年度からの増減額)。
 〈設計業務〉主任技術者=5万4700円(300円減)▽理事、技師長=5万0800円(100円減)▽主任技師=4万4700円(100円減)▽技師A=3万8900円(400円増)▽技師B=3万1500円(200円増)▽技師C=2万6200円(500円増)▽技術員=2万1800円(400円減)。
 〈測量業務〉測量上級主任技師=4万2000円(1100円増)▽測量主任技師=3万1600円(600円増)▽測量技師=2万5700円(増減なし)▽測量技師補=2万2400円(800円増)▽測量助手=2万0300円(800円減)。
 〈航空関係〉操縦士=4万3700円(200円増)▽整備士=3万4100円(400円減)▽撮影士=3万0500円(400円増)▽撮影助手=2万5900円(100円減)。
 〈地質業務〉地質調査技師=3万3700円(300円増)▽主任地質調査員=2万7500円(400円増)▽地質調査員=2万0900円(400円減)。
[ 2013-01-24  2面]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>