ニュースカテゴリー
  • 行政
  • 企業
  • 団体
  • 地域ニュース
  • 人事・訃報
  • 発注公告
  • 予算
  • 特集
TOP > 地域ニュース > 記事

設計者選定に提案競技検討/東北学院、仙台市立病院跡に複合施設

【5.8万㎡都市型キャンパス】
 東北学院(仙台市、松本宣郎理事長)は、旧市立病院跡地利活用事業の事業候補者に選定されたことを受けて、泉キャンパスと多賀城キャンパスの一部学部を統合する都市型キャンパス「五橋アーバンキャンパス」の施設整備に本格着手する。高層棟とホール棟、研究棟、講義棟、カフェ棟の計5棟で構成する複合施設で、総延べ床面積は約5万8730㎡を想定している。跡地は、東北学院と市立病院が、2017年1月に売買契約を締結した後、3月に市議会の承認を経て、所有権が移転される。その後、市と既存施設の解体や着工などの整備スケジュールについて詰めていく予定だが、設計者の選定はプロポーザル方式を軸に検討している。
 市立病院は、太白区あすと長町への移転に伴い廃止となった若林区清水小路の旧市立病院跡地の売却に当たり、7月に公募型プロポーザルで利活用希望の事業者を公募した。
 売却用地は、若林区清水小路3-1ほかの1万7557㎡で、延べ3万4489㎡の旧市立病院、延べ8248㎡の旧救命救急センターなど、あわせて4棟の建物がある。
 プロポーザルで東北学院は「若者が切磋琢磨し、地域の人々が新たな知を求めて集い、未来を担う中高生も親しみが持てる『学都仙台』の連携と交流のシンボルとなる都市型キャンパス」の整備を提案。購入希望価格として44億円を提示した。
 規模は、高層棟が19階建て延べ約1万7600㎡で、図書館やレストラン、事務室などを備えるランドマークタワーとなる。ホール棟は地下1階地上3階建て延べ約5200㎡で約980席のホールなどの市民交流機能、研究棟は地下1階地上9階建て延べ約1万8500㎡で工学系の研究室や実験室など、カフェ棟は2階建て延べ約300㎡でカフェなどを設ける。
 市立病院は、選定理由について「多くの学生が集う大学キャンパスとしての機能に加え、地域課題の解決に向けた連携拠点の整備等を通じて、市民に開かれたキャンパスとして新たな交流拠点となり、本市の都市ブランドのさらなる向上や新たな賑わいの創出に資する」などとしている。
 今後、東北学院は同市泉区にある泉キャンパス教養学部、多賀城市中央の多賀城キャンパス工学部などの施設が老朽化していることを踏まえ、両キャンパスの各施設を集約する都市型キャンパスを建設し、同市青葉区五橋の土樋キャンパスとの一体的なキャンパス整備を目指す方針だ。
[ 2016-12-26  6面  面名:北海道・東北面]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Ok