ニュースカテゴリー
  • 行政
  • 企業
  • 団体
  • 地域ニュース
  • 人事・訃報
  • 発注公告
  • 予算
  • 特集
TOP > 地域ニュース > 記事

施工予定者は前田/福岡地所の天神ビジネスセンタープロジェクト

 福岡地所(福岡市博多区)は、福岡市中央区天神1にオフィスや店舗、駐車場などで構成する大規模免震構造の複合ビル建設を計画している。福岡市が進める天神ビッグバンの第1号案件で、天神地区の開発をけん引するプロジェクトとして期待される。2017年度内に着工し、20年度の竣工を予定している。基本設計は日本設計。実施設計は施工予定者の前田建設で進めており、建築デザインは建築設計集団OMAのパートナーでニューヨーク事務所代表の重松象平氏が担当する。
 プロジェクト名は、「天神ビジネスセンタープロジェクト」。老朽化した天神セントラルプレイス、日興ビル、西日本ビルの3施設を一体施設として建て替える。規模はS・RC造地下2階地上16階建て塔屋2層延べ約6万0250㎡。敷地面積は約3900㎡。
 ワークライフバランスをコンセプトに、クリエイティブなグローバルトップ企業を福岡市に呼び込むため、建物の一部がブロック状の遊びあるデザインを採用し、インテリアは最高級ホテル並みとする。福岡市で初めて大規模免震構造を採用し、国内屈指のBCP(事業継続計画)性能を備える。
 市は、老朽民間ビルの建て替えに対し、デザイン性の高さや周辺ビルとの連続性などの要件を満たせば最大50%の容積率緩和などのインセンティブを付与する「天神ビッグバン」を推進しており、24年12月末までに民間ビル30棟の建て替えを目指している。
 福岡地所では今後、天神ビッグバンのインセンティブを含めた計画の細部を市と協議する考え。既存施設の解体は17年夏ごろを予定している。
[ 2017-01-06  14面  面名:中国・四国・九州面]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>