ニュースカテゴリー
  • 行政
  • 企業
  • 団体
  • 地域ニュース
  • 人事・訃報
  • 発注公告
  • 予算
  • 特集
TOP > 地域ニュース > 記事

参加表明2月10日まで/BTOインターナショナルレジデンス大幸/名大WTO

【1月16日に現地説明会】
 名古屋大学は10日、BTO(建設・譲渡・運営)方式のPFIを導入する「インターナショナルレジデンス大幸(仮称)等整備事業」の一般競争入札を公告した。WTO(世界貿易機関)対象となる。16日に大幸団地保健学科本館(名古屋市東区)で現地説明会を開く。参加表明書は2月10日まで受け付ける。提案書の提出期間は4月21日まで。同21日に開札する。5月中旬のプレゼンテーションで優秀提案者(落札者)を決める。
 大幸団地構内に留学生宿舎、福利厚生施設などの施設を整備し、維持管理する民間事業者を選定する。任意で民間付帯事業の提案も受け付ける。
 主な参加資格は単体または企業グループ。設計者は文部科学省の設計・コンサルティング業務の認定を受け、施工者は建築一式工事900点以上で、2001年度以降に3階建て以上かつ延べ2000㎡以上の宿舎などの完了実績が必要となる。
 5月下旬に基本協定を締結、6月下旬に契約する見通し。事業期間は54年3月15日まで。施設の整備期間は19年3月15日まで。
 事業場所は同区大幸南1-1-20。敷地面積は約1万3300㎡。
 アドバイザリー業務は佐藤総合計画が担当。
[ 2017-01-11  13面  面名:中部・北陸面]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>