ニュースカテゴリー
  • 行政
  • 企業
  • 団体
  • 地域ニュース
  • 人事・訃報
  • 発注公告
  • 予算
  • 特集
TOP > 企業 > 記事

鹿島が国内初/A4CSELにダンプ導入/運搬、荷下ろし自動化

 鹿島は、2015年に開発した建設機械の自動化技術による建設生産システム「A4CSEL(クワッドアクセル)」に自動ダンプトラックを導入した。振動ローラーとブルドーザーの自動施工は実現していたが、ダンプトラックの運搬と荷下ろし作業の自動化は国内初となる。大分市の大分川ダム堤体盛立工事で導入試験を実施。今後は油圧ショベルの自動化にも取り組み、適用機種を増やして造成工事やダム工事での自動化システムの完成を目指す。
 クワッドアクセルは1人の担当者が自動化した複数の建設機械にタブレット端末で指示を出すだけで、それぞれの建設機械が事前に設定したプログラムに沿って無人で自動運転・施工するシステム。15年に福岡県那珂川町の五ケ山ダム堤体工事のRCDコンクリート施工で、自動振動ローラーと自動ブルドーザーによる施工を初適用した。
 システムは汎用建設機械の自動化技術、施工状況に応じて運転する制御プログラム、自律運転を実現する計測・認識技術で構成。汎用の建設機械にGPS(全地球測位システム)、ジャイロ、レーザースキャナーなどの計測機器と制御用PCを搭載し、自動運転を可能にする。
 制御プログラムには熟練オペレーターの操作データを収集・分析した制御アルゴリズムを組み込み、熟練オペレーターと同等の精度を確保。障害物や走路安全性などを認識し自動停止・再開する機能も備え、安全性を確保した自律運転ができる。
 新たに開発した自動ダンプトラックは、コマツの55t積級の汎用ダンプトラックにGPSや制御PC、自動化機器などを搭載することで、あらかじめ指示された位置までの運搬や指定位置での荷下ろし作業の自動化を実現した。
 大分川ダムの堤体コア材盛立部では自動ダンプトラックと自動ブルドーザーを連動させ、運搬、荷下ろし、まき出し、整形の一連の作業で自動化の導入試験を実施した。コア材を積載した自動ダンプトラックが指示位置まで自走して荷下ろしした後、自動ブルドーザーが自動ダンプトラックからの退出信号を受信し、自動的にまき出しと整形作業を開始。その後、複数台の自動振動ローラーが並行して転圧することで、ダム工事の建設機械自動化システムの一連の流れを確認した。
[ 2017-01-12  3面]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>