ニュースカテゴリー
  • 行政
  • 企業
  • 団体
  • 地域ニュース
  • 人事・訃報
  • 発注公告
  • 予算
  • 特集
TOP > サイトポリシー
サイトポリシー

この規定は、株式会社日刊建設通信新聞社(以下“建設通信新聞”といいます)のホームページ(以下“kensetsunews.com”といいます)をあなたがご利用いただくにあたっての条件(以下“本条件”といいます)を定めたものです。

あなたがkensetsunews.comへアクセスするときおよびkensetsunews.comを使用するときは、本条件および関連する法律に従うことになります。

kensetsunews.comにアクセスし、kensetsunews.comを閲覧することによって、あなたは本条件に同意されたことになります。

建設通信新聞は、本条件をいつでも改定できます。当該改定の後、あなたは改定された条件に拘束されることになりますので、定期的にこのページを開き、最新の条件を見直すようにして下さい。

対応ブラウザ

kensetsunews.comは、以下に挙げるウェブブラウザでの閲覧を前提につくられております。これら以外のブラウザで閲覧した場合、正しく表示されない事があります。いずれのブラウザにおいても、JavaScript(ジャバスクリプト)を無効にしている場合、正しく表示されない事があります。また、ブラウザの文字サイズ設定等によっては表示が崩れることがあります。

  • Internet Explorer 7.0 以降(Windows)
  • Firefox 3.0 以降(Windows、Mac、Linux)
  • Safari 4.0 以降(Mac)

著作権

特に他の説明が無い限り、kensetsunews.com上に表示される内容は全て著作権法上の保護対象になっています。本条件やkensetsunews.com上の断り書きで許可される場合を除いて、建設通信新聞および著作権法上のその他の著作権者から書面による許可を得ずにこれらの著作物を私的利用の範囲外で、使用、複製またはダウンロード(以下“使用”といいます)をしないで下さい。

あなたが非商業的かつ個人的使用の目的でkensetsunews.comに表示される内容を使用する時は、当該表示内容に含まれるすべての著作権表示および他の財産権表示を保持したままの状態で使用して下さい。あなたはkensetsunews.comに表示される内容を改変したり、頒布したりまたは放送等に利用することはできません。

免責

kensetsunews.comの使用および閲覧並びにそれらに基づくすべての結果はあなたの責任で行うことになります。建設通信新聞およびkensetsunews.comの製作や公開に関わるすべての第三者は、あなたがkensetsunews.comにアクセスすることまたはkensetsunews.comを使用することから生じるいかなる損害にも責任を負いません。

建設通信新聞は、あなたがkensetsunews.comにアクセスしkensetsunews.com上に表示される内容、データ、テキスト、画像などを使用し閲覧することによってあなたのコンピュータ機器に損害が生じた場合について責任を負いません。

建設通信新聞は、あなたがkensetsunews.comにアクセスしたことで、ウィルス、ワームなどがあなたのコンピュータ機器に影響を与えた場合について責任を負いません。

建設通信新聞は、あなたがkensetsunews.com上に表示される内容を使用することが、建設通信新聞以外の第三者が所有する権利を侵害しない旨の保証も表明も致しません。

建設通信新聞は、kensetsunews.comにリンクしているすべてのホームページの内容について責任を負いません。

リンク

kensetsunews.comへのリンクは、原則として自由です。
ただし、建設通信新聞が書面などによる許可を与えた場合を除き、以下のようなリンクは禁止とさせていただきます。

  • リンクを設定する個所に、kensetsunews.comへのリンクである旨が明記されていない場合。単に「きょうのニュース」としてリンクするなど、情報発信源を誤認させるようなリンクの場合。
  • 建設通信新聞や他の新聞社などのニュースページにつながることをうたい文句に広告を募集したり、商品を売ったりするなど、営利を目的としたリンク。
  • kensetsunews.comの全部あるいは一部を他のコンテンツと組み合わせて表示するフレームリンク、及びkensetsunews.comの内容が単独で表示される場合であっても、リンク元のホームページの一部として表示される形のリンク。
  • そのほか、建設通信新聞の事業や信用を害する恐れがある場合。