ニュースカテゴリー
  • 行政
  • 企業
  • 団体
  • 地域ニュース
  • 人事・訃報
  • 発注公告
  • 予算
  • 特集
TOP > 地域ニュース > 記事

電線共同溝にPFI/2017年度にも事業者選定/中国整備局

 中国地方整備局は、一般国道9号安来電線共同溝整備事業にPFIを導入する。国交省の2017年度概算要求に盛り込まれた無電柱化の推進の一環としてPFIを実施し、既存の地中管路を低コストかつ効率的に活用するための仕組みの構築に役立てる。1日に松江国道事務所が「安来電線共同溝PFI事業アドバイザリー業務」の簡易公募型プロポーザルを公告した。実施方針の作成や特定事業の選定を進め、17年度の民間事業者募集、選定を目指す。
 安来電線共同溝は、商業施設などが立地する島根県安来市内の中心市街地に位置するJR安来駅から西に約1㎞で計画している。電線類を地中化することにより、安全で快適な通行空間や都市景観の確保、台風や地震などの電柱類倒壊を防止し、災害時のライフライン、緊急輸送道路の安全性を確保する。
 9号の道路両脇の歩道に整備する電線共同溝のうち、国交省が推進するPFI手法等による既存の地中管路活用の条件にマッチした上り線整備にPFIを導入する。事業範囲は、既にまとめている基本設計をベースとした詳細設計、工事、維持管理を想定している。下り線については、通常の公共事業として工事着手している。
 アドバイザリー業務では、入札説明書の作成・公表から事業者選定、事業契約締結までに必要な各種検討、募集資料などを作成し、事業を担う民間事業者の募集、選定プロセスの的確な推進を支援する。詳細は実施方針の作成、特定事業の選定支援、募集条件検討・募集書類作成、入札説明書等への質問に対する回答支援、事業者提案の審査支援、審査委員会の運営支援、契約締結に係る支援。履行期間は17年8月31日まで。
[ 2016-11-02  10面  面名:中国・四国・九州面]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

新聞記事検索