ニュースカテゴリー
  • 行政
  • 企業
  • 団体
  • 地域ニュース
  • 人事・訃報
  • 発注公告
  • 予算
  • 特集
TOP > 地域ニュース

清水建設/アストラ・タワーが上棟/契約工程より半年短縮

 【ジャカルタ=竹本啓吾】清水建設は20日、インドネシア・ジャカルタで建設中の「ムナラ・アストラ・プロジェクト」(アストラ・タワー)の上棟式を開いた。契約工期の工程より半年早く上棟を迎えており、2017年10月の引き渡しを目指す。意匠設計は日建設計と地元企業のアイルマス・アスリ、構造設計をアラップ・...
[ 2017-02-21  1面  面名:1面 ]

第1四半期にコンサル委託/17年度から検討/台東区の上野、北部地区まちづくり

 東京都台東区は2017年度から、上野地区と北部地区のまちづくりに乗り出す。両地区ともに17年度第1四半期(4-6月)にも、公募型プロポーザルなどでまちづくりのアシスタントや調査を担うコンサルタントを選定する予定だ。
 上野地区の対象は、JR上野駅を中心として上野恩賜公園や東京芸術大学を中心とする文化ゾーンと、商業地域の一帯。区は「(仮称)上野地区まちづくりビジョン」の策定に向けて、1...
[ 2017-02-21  4面  面名:4面 ]

東名JCTシールド機が発進/国内最大のシールドトンネル工事始動/国交省、東・中日本高速道路

【北行施工=大林・西松・戸田・佐藤・錢高JV/南行施工=鹿島・前田・三井住友・鉄建・西武JV】

 国土交通省と東日本、中日本の両高速道路会社は19日、東京外かく環状道路(関越~東名)の東名ジャンクション(JCT)側からのシールド機発進式を、東京都世田谷区の現地で開いた。石井...
[ 2017-02-21  4面  面名:4面 ]

横浜市、現市庁舎街区等活用事業/市場調査に29者参加

【教文跡地は17年度公募】
 横浜市は、20日の常任委員会に1月に実施した「現市庁舎街区等活用事業」のサウンディング型市場調査結果などを報告した。開発11社、大学など4団体、商業・観光7社、建設・設計3社、その他(市民団体や教育系コンサルタントなど)4団体の計29者が参加した。このうち2017年度に先行して公募する教育文化センター(教文)跡地には「解体物件付土地売却方式での事業提案は可...
[ 2017-02-21  5面  面名:関東面 ]

参加希望者を3月1日まで公募/鉄道構造物の詳細設計/鉄道・運輸機構

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構鉄道建設本部は、鉄道構造物の詳細設計に関する標準プロポーザルの前段となる、参加希望者の公募を開始した。参加希望表明書は3月1日まで、北海道新幹線建設局契約課で、持参または郵送にて受け付ける。
 参加資格は、土木設計調査の2015年度の作業成績が平均で60点未満でないことなど。06年以降に、鉄道に関するRCラーメン高架橋とPC桁の詳細設計を元請けとして完了...
[ 2017-02-21  6面  面名:北海道・東北面 ]

予算案に本体工事費/建築、設備は6月にも公告/鳥取市新本庁舎

 鳥取市は、2017年度予算案に新本庁舎建設事業の本体着工に向けた工事費などを計上した。本体工事費など46億0582万2000円を盛り込むとともに、18、19年度の債務負担行為49億1726万6000円を設定した。同庁舎建設工事発注方法等検討委員会が1日に提出した提言書では、分離分割発注が提案され、公告に向けた準備を進めている。最も早い時期に発注する予定の庁舎棟建築、市民交流棟建築ほか関連設備(電...
[ 2017-02-21  12面  面名:中国・四国・九州面 ]

6月以降に設計委託/香川県教委/新県立体育館の整備

 香川県教育委員会は、新香川県立体育館の整備を検討しており、6月以降に基本・実施設計を委託する。2019年度まで設計業務を進め、早ければ同年度内に施工者を選定する。今後、プロポーザル方式か入札方式にするか、選定方式を検討していく。市の17年度予算案に設計費や建設地の基礎調査費として、1億3837万円を計上した。
 現在、基本計画策定業務を石本建築事務所で進めており、5月末までに策定する...
[ 2017-02-21  12面  面名:中国・四国・九州面 ]

大林組で5月着工/千駄ヶ谷五丁目北再開発/三菱地所、日本製粉

 三菱地所と日本製粉は、両社の個人施行で進めている千駄ヶ谷五丁目北地区第一種市街地再開発事業(東京都渋谷区)の施工者を大林組に決め、5月に着工する。延べ約4万4000㎡規模の再開発建築物は、2019年8月の竣工を目指す。設計・監理は三菱地所設計が担当する。
 千駄ヶ谷五丁目北地区は、高島...
[ 2017-02-20  4面  面名:4面 ]

基本構想策定に着手/建設基金積立は20億計上/三鷹市庁舎建替え

 東京都三鷹市は、老朽化が進む市庁舎などの建て替えに向け、基本構想の策定に着手する。今後は、市と三鷹ネットワーク大学で共同設置している三鷹まちづくり総合研究所(所長・清原慶子市長)による6月の最終報告を踏まえ、基本構想策定支援事業者の選定手続きに入る。2017年度予算案では市庁舎等建設基本構想策定関係費として1392万円、16年度3月補正予算案で庁舎等建設基金積立金として20億円をそれぞれ新規計上...
[ 2017-02-20  4面  面名:4面 ]

川口市新庁舎/1期棟に継続費110億/12月議会案件で工事発注

 埼玉県川口市は、17日公表の2017年度予算案に新庁舎建設事業(建設工事その1)の17-19年度継続費110億9258万円を設定した。1期棟の工事と監理委託に充てる。1期棟工事は12月の市議会定例会案件で発注する。建築・設備の一括か分離、総合評価落札方式の採否は未定。18年1月の着工、20年3月完成を目指す。
 17年度事業費は5億2080万円。内訳は実施設計等委託費1億1027万円...
[ 2017-02-20  5面  面名:関東面 ]

17年春に1番地区を公告/2番地区は下期/塩竈市の海岸通再開発組合

 宮城県塩竈市の海岸通1番2番地区市街地再開発組合(鈴木成久理事長)は、JR仙石線本塩釜駅周辺に整備する複合施設群のうち、今春にも先行して住居棟など3棟の1番地区建設工事の一般競争入札を公告する方針だ。2016年度中に権利変換計画認可を経て、発注手続きに着手する。7月にも契約する予定だ。別途、2番地...
[ 2017-02-20  6面  面名:北海道・東北面 ]

17年度早期に発注/日本平山頂シンボル施設/静岡県

【建築設計=隈研吾事務所 展示設計=乃村工藝社】 
静岡県は、静岡市の日本平山頂に整備するシンボル施設の建築・展示工事を2017年度早期に発注する。隈研吾建築都市設計事務所が施設、乃村工藝社が施設展示の設計を担当。18年春の完成を目指す。予定工事費(税込み)は、シンボル施設(前庭を含む)...
[ 2017-02-20  7面  面名:中部・北陸面 ]

17年度にPFI調査/最終報告踏まえ建設地を決定/基本計画は直営/鳥取県立美術館

 鳥取県は2017年度、県立美術館整備推進に向けた基本計画策定とPFI可能性調査に着手する。17年度予算案に関連経費2992万8000円を新規計上した。懸案の候補地は、16日に開いた最終の基本構想検討委員会で絞り込むには至らなかったため、現在の候補地4カ所を併記する形で改めて最終報告を提出する。候補地の決定は県に委ねられることになった。
 予算のうち基本計画策定とPFI導入可能性調査の...
[ 2017-02-20  10面  面名:中国・四国・九州面 ]

徳島県藍住町/7社指名、3月17日に入札/文化ホール・施設複合化

 徳島県藍住町は、(仮称)同町文化ホール・公共施設複合化事業の建築工事について、アイサワ工業、安藤ハザマ、奥村組、大鉄工業、大豊建設、西松建設、日本国土開発の7社を指名、3月17日に指名競争入札を行う。議会で承認後、4月ごろに着工する。工期は24カ月を予定し、19年4月以降の開館を目指す。予定価格は35億3076万円(税別)に設定した。
 同工事は建築工事の指名競争入札を実施し、3回続...
[ 2017-02-20  10面  面名:中国・四国・九州面 ]

千代田コンサルJVに/熊本県/前川大橋詳細設計

 熊本県は、「南部幹線社会資本整備総合交付金(前川大橋詳細設計)委託他合併」業務を公募型指名競争入札した結果、6080万円(税別)で千代田コンサルタント・九州開発エンジニヤリングJVに決めた。
 業務は、PC4径間連続箱桁橋長さ348.5m、逆T式橋台2基、壁式橋脚3基、仮設工(自立式土留工)3基の詳細設計。履行期限は9月22日。履行場所は八代市建馬町。
[ 2017-02-20  10面  面名:中国・四国・九州面 ]

1 2 3 4 5 77
新聞記事検索