ニュースカテゴリー
  • 行政
  • 企業
  • 団体
  • 地域ニュース
  • 人事・訃報
  • 発注公告
  • 予算
  • 特集
TOP
TOPニュース

日建連/生産性2割向上を実現/定義や数値目標、具体検討

 日本建設業連合会(中村満義会長)は21日、12日に開かれた政府の未来投資会議(議長・安倍晋三首相)で石井啓一国土交通相が、建設現場の生産性について「2025年度までに20%の向上を目指す」という目標を表明したこと受け、具体的な対応を検討する方針を固めた。今後、生産性向上推進本部で生産性の定義や数値目標などについて検討を進める。
 未来投資会議では、石井国交相が、i-Construct...
[ 2016-09-23 1面 ]

15年度実績/ゼネコン 量と質の確保鮮明/全階層とも拡大基調

 ゼネコン業績の拡大基調が鮮明になっている。日刊建設通信新聞社の調査によると、大手、準大手、中堅、準中堅の全階層で完成工事高、完成工事総利益(工事粗利)率ともに着実な増加が見られ、量と質の確保が進んでいることが浮き彫りになった。受注の高止まり傾向はあるものの、安定した受注環境が手持ち工事量の確保につながり、売り上げが上昇、採算重視の受注が利益の確保にもつながっている。
 =第2部に完工...
[ 2016-09-23 1面 ]

社会保険促進要綱など改定/17年度から現場入場制限/日建連

【加入徹底へ足並み揃える】
 日本建設業連合会(中村満義会長)は、社会保険未加入対策を一層強化するため、労働者単位の加入徹底に足並みをそろえて取り組む。21日の理事会で、「社会保険加入促進要綱」「社会保険の加入促進に関する実施要領」を改定し、2017年度以降は、特段の理由がない限り、社会保険へ適正に加入していない労働者の工事現場への入場制限を徹底することを明記した。同日の理事会後会見で...
[ 2016-09-23 1面 ]
カナリヤ通信 挑戦アイ・コンストラクション

戸田建設/生産性向上の取り組み加速/パイロット好事例、イントラで紹介

 戸田建設が、本社、支店、現場作業所、協力会社による情報共有と水平展開を軸に建築現場の生産性向上の取り組みを加速化させている。その対応は生産性向上パイロット作業所を各支店で指定して生産性向上目標を設定して取り組み、好事例をイントラネットで紹介して情報共有を図っているほか、全国の現場での各取り組みを本社が収集・評価して表彰などを実施している。
 同社では、新工法やICT(情報通信技術)を...
[ 2016-09-23 3面 ]
* 西鉄、JR九州/首都圏でマンション開発/“脱沿線”の動き加速 [ 2016-09-20 1面 ]
* 狭隘空間で大深度連壁/またぎ施工の新マシン投入/東亜利根ボーリング [ 2016-09-20 3面 ]
* ドローン市場に熱視線/異業種参入相次ぐ/業界は連携不可欠 [ 2016-09-16 3面 ]
* 国際展開強化へ人材集約/「事業創出型」を推進/パシコングループ [ 2016-09-15 1面 ]
* 太陽工業/ETFE膜 国内展開/200億円規模目指す [ 2016-09-15 3面 ]
* 都市部トンネルに矩形断面提案強化/地下通路、立体交差道路へ/鹿島 [ 2016-09-14 3面 ]

コンセッション方式/水道法に明確位置付け/厚労省 次期通常国会に提出

 厚生労働省は21日、官民連携を一層進めるため、水道事業でコンセッション方式(運営権付与)が現実的な選択肢となるよう、水道法に同方式を明確に位置付ける方針を明らかにした。このため、同方式における水道事業の運営権者の企業と水道施設の所有者である自治体との権利や義務の関係を明確にする。また、地方公営企業法における管理者との関係も整理するなどして、関係法令との整合性をとって、運営権者に不測の事態があって...
[ 2016-09-23 2面 ]
* 自治体工事にi-Conの波/中小領域へ普及展開/国交省 [ 2016-09-21 1面 ]
* 経産省/廃炉支援、事業再編を議論/東電改革・1F問題委設置 [ 2016-09-21 2面 ]
* 北陸整備局の一部変更指示書/14件で概算額明示/試行案件調査、今後に反映 [ 2016-09-21 7面 ]
* 国交省/建設産業 海外進出を支援/新興国との環境改善急務 [ 2016-09-20 1面 ]
* 自主行動計画策定の可能性/適正取引と付加価値向上/自工会に続き建設業界も [ 2016-09-16 1面 ]
* 現場の働き方改革に本腰/ICT活用は必須条件/国交省 [ 2016-09-15 1面 ]

事例別にリスク分担整理/民間工事指針の活用促す/日建連、2016年内に説明会

 日本建設業連合会(中村満義会長)は21日、「民間工事指針の活用方策」を策定した。国土交通省が7月まとめた「民間工事の適正な品質を確保するための指針」(民間工事指針)のポイントを分かりやすく解説するとともに、受発注者のリスク分担の考え方を標準約款に基づいてケースごとに整理、明確化した。2016年内に東京、大阪、名古屋で開く会員向けの説明会で内容を周知し、適正な契約条件を確保するためのツールとしての...
[ 2016-09-23 2面 ]
* 山岳トンネル施工/10月にも指針施行/肌落ち労働災害防止対策 [ 2016-09-21 1面 ]
* 経営の安定化と担い手テーマ/地域建設業「役割」問う/全建 [ 2016-09-16 1面 ]
* 一部市町村、歩切り続く/品確法効果検証でアンケート/都道府県は全廃/全建 [ 2016-09-16 2面 ]
* 海外苦戦も高レベル維持/15年度エンジ受注動向/8%減少16.7兆円 [ 2016-09-14 2面 ]
* 耐震設計の見直し言及/17年7月めどに方向性/土木学会 熊本地震報告会 [ 2016-09-09 1面 ]
* 技術者の使命強調/土木が選ばれる職業に/土木学会全国大会 田代会長が基調講演 [ 2016-09-09 2面 ]

延べ8.6万㎡、5月着工/設計は日建 解体を大林組/住友商事の神田錦町二丁目計画

 住友商事が東京都千代田区に計画している大型オフィスビル「(仮称)神田錦町二丁目計画」の概要が明らかになった。地下1階地上21階建て延べ8万5891㎡の規模で、2017年5月の着工、19年5月の全体完成を目指す。設計は日建設計で、大林組が既存建物の解体工事を進めている。
 新たに建設するオフィスビルは高さ109mで、店舗や集会場、車庫などが入る。敷地の西側と北側に、広場状空地を配置する...
[ 2016-09-23 4面 ]
* 民間事業者12月公募/11月にエリアデザイン/足立区のTX六町駅前区有地活用 [ 2016-09-23 4面 ]
* 大和ハウス工業/川口に7万㎡物流施設/淺沼の設計施工で11月着工 [ 2016-09-23 5面 ]
* 北海道建設部/日本都市設計に/黒川町団地基本設計 [ 2016-09-23 6面 ]
* 東北整備局の道路改良2件/発注者指定型ICT活用初弾/釜石西は安藤ハザマ/大槌地区フジタが落札 [ 2016-09-23 6面 ]
* 初弾は三和工務店/ICT活用場内工事用道路/水機構川上ダム [ 2016-09-23 8面 ]
* 鳥取市民体育館あり方検討委/民間事業者から意見募集/2017年度に市方針固める [ 2016-09-23 10面 ]

人事異動・大林組

◆大林組
 (9月24日)海外支店建築部長(タイ大林出向)安藤博志
[ 2016-09-23 3面 ]
* 人事異動・前田建設 [ 2016-09-23 3面 ]
* 人事異動・協和エクシオ [ 2016-09-23 3面 ]
* 人事異動・東芝プラントシステム [ 2016-09-23 3面 ]
* 人事異動・日立プラント [ 2016-09-23 3面 ]
* 人事異動・東洋シヤッター [ 2016-09-23 3面 ]
* 人事異動・文科省 [ 2016-09-21 2面 ]
* 発注公告・(1)東京国際空港A滑走路他土質調査(電子入札対象案件) [ 2016-09-23 2面 ]
* 発注公告・H28霞ヶ浦河川事務所庁舎耐震改修工事監理業務 [ 2016-09-23 2面 ]
* 発注公告・H28利根上土地評価業務 [ 2016-09-23 2面 ]
* 発注公告・H28国道6号日立地区地質調査業務 [ 2016-09-23 2面 ]
* 発注公告・H28国道6号北茨城地区地質調査業務(その2) [ 2016-09-23 2面 ]
* 発注公告・砂防地すべり事業情報通信設備設計業務 [ 2016-09-23 2面 ]
* 発注公告・水生生物調査とりまとめ業務 [ 2016-09-23 4面 ]

◇【橋梁調査会】「世界の橋梁建設とメンテナンス」テーマに国際シンポ 11/25@東京
◇ 【建設マン.com】演劇『けんせつ小町純情物語 やるっきゃない!』 10/6-9@CBGKシブゲキ!!
◇【JIA東北住宅大賞】東北6県内で11年1月~15年12月竣工の住宅対象 応募登録10/24まで
◇【ふゆトピア・フェア】論文、除雪機械の出展募集! 論文は9/23、出展は11/15まで
◇【あすなろ夢建築】学生対象!公共建築設計コン作品募集 応募登録9/1から
◇【土木学会中部】金沢市内の土木施設や現場を巡ろう! 「親子でドボク探検!」10/1開催
◇【建コン協】求む!親近感あるキャッチコピーとシンボルマーク フォトコンも作品募集中!
◇【募集】長谷工の学生コンペ、課題は「日本の集合住宅」 審査委員長は隈氏 10/20締め切り
◇【建コン協九州】夢のような話を、ことしも本気で! 夢アイデア募集、9/30まで
◇【環境色彩コンペ】「グッド・ペインティング・カラー」作品募集! 10/1~31受付
◇【建設写真コン】テーマは「新潟(ふるさと)が一番 地域の未来に希望をのせて」 9/30締め切り
◇ 【施工例写真コン】新築、リフォームの2部門で募集! 10/31まで受付 金属サイディング工業会
◇【橋梁模型発表会】東北6県の土木系高校、高専生の皆さん! 創意工夫あふれる作品募集 9/30まで
◇【土木展】魅力と役割を再発見! ディレクターは西村浩氏、9/25まで@東京 21-21DESIGN SIGHT
◇【日本電気硝子】空間デザイン・コンペ作品募集! テーマは「しなやかで強い社会の建築とガラス」 9/30まで受付
◇【募集】土木施設を考えよう! 建コン協の小学生レポートコンテスト 9/30締切
◇ 【募集】2018年は「北海道」命名150年! 記念事業のアイデア募集
◇【東京地下鉄】バリアフリーな「まちの顔」募集! 茅場町駅、赤坂駅周辺の開発提案、21年3/31まで
風波(ふうは)
 仙台市で、東日本大震災の教訓を基に防災のあり方を幅広く議論する国際会議「世界防災フォーラム」(仮称)が、隔年で開催されることになった

スイス・ダボス市で、隔年で行われている「国際災害・リスク会議」(IDRC)の非開催年に行われ、初回は2017年11月になるという

新たな国際フォーラム開催の背景には15年3月に仙台で開かれた第3回国連防災世界会議の成果が認められたこともあるだろうが、何よりあの震災の教訓を忘れず世界に発信し続ける場ができることに意味がある

発災から5年半が経過、被災地以外では過去の出来事になっている向きもあるが、想定を上回る自然災害がわが国を脅かし続ける中、あまりにも多くの尊い犠牲を生んだ事実の継承が次なる大災害への備えにつながることを忘れてはならない。