ニュースカテゴリー
  • 行政
  • 企業
  • 団体
  • 地域ニュース
  • 人事・訃報
  • 発注公告
  • 特集
TOP
TOPニュース

自民・国交部会/士法改正案を了承/委員長提案で早期成立へ

 自民党国土交通部会(赤澤亮正部会長)は17日、延べ300㎡を超える建築物の設計業務について、書面による契約締結の義務化や一括再委託の禁止などを定める建築士法改正案を審議、了承した。建築設計議員連盟の額賀福志郎会長は「公明党、野党とも調整し、できれば委員長提案として今国会に提出したい」との認識を示した。
 現行法制度では、建築士事務所の契約責任が不明確なため、建築紛争の増大・長期化など...
[ 2014-04-18 1面 ]

土木学会が声明/国交省・道路メンテ総力戦と連動

【人材確保、資格拡充を推進】
 土木学会(橋本鋼太郎会長)は17日、国土交通省の社会資本整備審議会道路分科会基本政策部会がまとめた「道路の老朽化対策の本格実施に関する提言」に対する声明を発表した。『道路メンテナンス総力戦』と連動し、地方自治体の人材確保・育成強化、維持管理・更新の土木技術者資格の拡充、第三者としての「インフラ通信簿」の作成などを進める考えを示した。
 声明で...
[ 2014-04-18 1面 ]

国交省が次世代ロボットで説明会/橋梁とトンネル技術公募

 国土交通省は17日、公募を開始した「次世代社会インフラ用ロボット技術・ロボットシステム」の説明会を開いた=写真。初回となる今回は橋梁とトンネルの維持管理に関する技術について説明した。ゼネコンやメーカー、コンサルタント、研究機関など34社から約50人が参加し、高い関心が寄せられた。説明会は23日まで、橋梁・トンネル維持管理、水中維持管理、災害調査・災害応急復旧の3テーマに分け、それぞれ2回開く予定...
[ 2014-04-18 1面 ]

3保証13年度統計/10年ぶり14兆円超え/請負額、43都道府県で上回る

 北海道建設業信用保証、東日本建設業保証、西日本建設業保証の3社がまとめた公共工事の前払保証統計によると、2013年度の請負金額は、前年度比17.7%増の14兆5711億円となった。03年度以来10年ぶりに14兆円を超えた。47都道府県中、43都道府県が前年度を上回った。
 請負金額を発注者別に見ると、市区町村が14.1%増の5兆0544億9100万円で03年度以来の10年ぶりに5兆円...
[ 2014-04-17 1面 ]
* 清水建設と富士電機/汚染土壌を高精度分別/中間貯蔵施設向け装置 [ 2014-04-16 3面 ]
* フジタ/アルミドーム組立架設工法/床上作業で安全性向上 [ 2014-04-15 3面 ]
* 前田建設/病院の防災力評価/BCP策定をサポート [ 2014-04-15 3面 ]
* 西松建設グループ/植物工場「LED農園」販売 [ 2014-04-14 3面 ]
* 大阪心斎橋で再開発/3年かけ1100億投資/J.フロント中計 [ 2014-04-11 4面 ]
* 東保証13年度請負額/11年ぶり8兆円超え/除染など大型工事寄与 [ 2014-04-10 1面 ]

風力、地熱発電立地モデル/調査14地区が決定/環境省

 環境省が再生可能エネルギーの本命である風力発電所と地熱発電所の設置が今後増えることを見据え、風力と地熱発電の立地可能性などを勘案して進めている「情報整備モデル地区」での地域固有環境情報調査業務で、2014年度の委託先が17日までに明らかとなった。業務を委託したのは14地区で、いずれも陸上風力となっている。14年度は17地区の調査を予定しており、今後残り3地区の業務を委託する。
 14...
[ 2014-04-18 2面 ]
* 「取引士」に改称/宅建業法改正案/主任者の地位向上 [ 2014-04-18 1面 ]
* 点検・診断資格制度/民間資格を公募・認定/社会資本メンテ小委 [ 2014-04-17 1面 ]
* 交通支障なくメンテ実現/国交省分科会代替性の便益主張 [ 2014-04-17 2面 ]
* PFI手続きを簡易化/事業者選定の期間短縮/内閣府 負担軽減へ手引き [ 2014-04-16 1面 ]
* 総合評価 設計委託で100件超/東京都建設局が入契取組み方針 [ 2014-04-16 4面 ]
* 今すぐ本格的メンテに舵を切れ/予算・人材・技術を全面支援/社整審道路分科会 [ 2014-04-15 1面 ]

大賞に柴田氏、村上氏/日本建築学会賞決まる

【作品部門は明治安田生命新東陽町ビル、NBF大崎ビル、SHARE yaraicho】
 日本建築学会(吉野博会長)は2014年日本建築学会大賞、学会賞など各賞の受賞者を発表した。学会大賞には推薦を受けた11人の候補者から「構造動力学の研究・教育と耐震工学の発展への貢献」で柴田明徳氏(東北大名誉教授、東北文化学園大名誉教授)、「サステナブルな建築・都市の推進による地球環境問題緩和への貢献...
[ 2014-04-16 1面 ]
* 基幹技能者の目標数拡大/19年度までに6.8万人/推進協 [ 2014-04-14 1面 ]
* 国際高速鉄道協会が初会合/「比類のない安全」売込む/衝突回避を国際標準化 [ 2014-04-11 1面 ]
* 次世代建材を検討/ZEB普及へ開発企業公募効果、課題など整理/NEDO [ 2014-04-10 2面 ]
* 日建連、建専連/人材確保・育成で協議会/全建、全中建にも参加呼掛け [ 2014-04-09 1面 ]
* 技術賞に「飯野ビル」など/空衛学会賞/井上宇市賞は大高、坂本両氏 [ 2014-04-07 2面 ]
* 設備分野にBIM浸透/活用例増加、施工図効率化/日建連専門部会アンケート結果 [ 2014-04-03 2面 ]

赤坂7丁目で準備組合設立を検討/地権者ら再開発視野に

 東京都港区の赤坂7丁目で、地元地権者らが再開発を視野に入れた地権者組織を設立し、準備組合の設立に向けた検討を進めている模様だ。組織の詳細は不明だが、ディベロッパーが含まれている可能性もあるという。
 対象地域は、同区赤坂7-2の敷地。現在は約1haを対象に検討を進めている。一部が青山通りに面し、草月会館、「赤坂ナショナルコート」など複数のマンションが立地している街区となる。
[ 2014-04-18 4面 ]
* 組合設立を認可/約5.9万㎡の道玄坂一丁目駅前再開発/東京都 [ 2014-04-18 4面 ]
* 病院は佐藤工業/有料ホーム、老健を淺沼組/白井医療複合施設 [ 2014-04-18 5面 ]
* 仙台市PFI/南吉成学校給食センター/5月29日まで受付 [ 2014-04-18 6面 ]
* 中部電力/愛知・武豊町に次期石炭灰処分場/環境影響調査を準備 [ 2014-04-18 8面 ]
* YKK/パッシブタウン黒部モデル7月着工/設計は小玉、宮城両氏 [ 2014-04-18 8面 ]
* 瀬戸内市の錦海塩田跡地メガソーラー/事業連合と協定締結 [ 2014-04-18 12面 ]

人事異動・北海道開発局

◆北海道開発局
 (4月1日)〈札幌開建〉空知川河川事務所長(室蘭開建苫小牧河川事務所副所長)三上孝雄▽江別河川事務所長(水管理・国土保全局防災課災害査定官)岡部啓二▽札幌道路事務所長(土木研究所寒地土木研究所寒地保全技術研究グループ寒地道路保全チーム上席研究員)熊谷政行▽千歳道路事務所長(事業振興部技術管理課技術管理企画官)坂憲浩▽滝川道路事務所長(函館開建八雲道路事務所長)北田公三...
[ 2014-04-18 6面 ]
* 人事異動・飛島建設 [ 2014-04-17 3面 ]
* 人事異動・ダイダン [ 2014-04-17 3面 ]
* 人事異動・八洲電機 [ 2014-04-17 3面 ]
* 訃報・龍忠市氏(三菱鉱業セメント〈現三菱マテリアル〉元取締役) [ 2014-04-17 3面 ]
* 人事異動・国交省 [ 2014-04-16 2面 ]
* 人事異動・鹿島 [ 2014-04-16 3面 ]
* 発注公告・三陸沿岸道路 石巻地区道路計画設計業務 [ 2014-04-18 4面 ]
* 発注公告・鳴瀬川総合開発ダムサイト地質総合解析業務 [ 2014-04-18 4面 ]
* 発注公告・鳴瀬川総合開発事業計画検討業務 [ 2014-04-18 4面 ]
* 発注公告・鳴瀬川総合開発治水利水計画検討業務 [ 2014-04-18 4面 ]
* 発注公告・鳴瀬川総合開発貯水池地すべり検討業務 [ 2014-04-18 11面 ]
* 発注公告・H26中川・綾瀬川施設耐震性能照査設計業務 [ 2014-04-18 11面 ]
* 発注公告・H26渡良瀬川砂防施設測量業務 [ 2014-04-18 11面 ]
風波(ふうは)
 総務省が15日に公表した2013年10月1日現在の人口推計によると、労働力の中核となる15-64歳の生産年齢人口が32年ぶりに8000万人を割り込んだ

0-14歳の年少人口は前年より15万7000人少ない1639万人となり、初めて4人に1人が65歳以上となるなど、少子高齢化は確実に進展している

国の経済対策や20年東京五輪開催などの好材料を背景に、ゼネコン各社は中長期を見据えた人員構成に取り組んでいるが、このままの状況が改善されずに推移すれば担い手の確保はさらに厳しさを増すことになる

少子高齢化は、現役世代の社会保障費負担増や経済成長鈍化の要因になりかねない。安定した労働力確保に向け、政府も子育て支援などの少子化対策を進めているが、より実効性のある対策が急務だ。