ニュースカテゴリー
  • 行政
  • 企業
  • 団体
  • 地域ニュース
  • 人事・訃報
  • 発注公告
  • 予算
  • 特集
TOP
TOPニュース

直用の専門工事会社設立/鹿島/中長期に供給力維持

【職人不足に備え、複数工種自前で施工】
 鹿島(押味至一社長)は、今年度後半から本格化する首都圏の大規模建築工事や、中長期的に確実視される職人不足への対応として、23日付でALC工事と耐火被覆工事を行う「鹿島フィット株式会社」(本社・東京都港区、永野隆彦社長)を設立した。建築工事で特に職人が足りなくなると判断した、4工種・職種について自前で職人を抱えるなどの体制強化で、短期・中長期的に...
[ 2016-06-24 1面 ]

国交省/社会保険未加入対策/39万5820件の加入確認

 国土交通省は23日、2016年3月末までにおける社会保険等未加入業者への加入指導の状況をまとめた。加入状況の把握、確認、指導といった一連の対策をスタートさせた12年11月から、ことし3月末までに受け付けた建設業許可の更新や経営事項審査の申請は累計で42万9239件。このうち、92.2%に当たる39万5820件の加入を確認した。
 調査は、17年度をめどに事業者単位(許可業者)の加入率...
[ 2016-06-24 1面 ]

環境省幹部6人就任会見/100年目指した対策重要/温室ガス50年に8割減

 環境省は、17日付の人事異動に伴う梶原成元地球環境審議官ら幹部6人の就任会見を23日に開いた。この中で梶原地球審は、「(気候変動への)適応計画策定、温対法の改正、地球温暖化対策計画策定、パリ協定の採択と地球環境にかかわる大きな動きがあったが、いずれも目標の実現に向けた実施はこれからだ。取り組むべきことは多く、2030年、50年、100年を目指して対策などを進めることが極めて重要になる」との認識を...
[ 2016-06-24 2面 ]
カナリヤ通信 挑戦アイ・コンストラクション

大成建設/T-Mark.Navi/眼鏡型端末使い測量販売とレンタル開始

【自動帳票入力機能を追加】
 大成建設は、千代田測器を通じて、眼鏡型ウエアラブル端末で墨出し(基準墨に基づき設定される施工用の子墨)測量ができる「T-Mark・Navi」の販売・レンタルを始めた。開発時点より測量座標の自動での帳票入力や任意点での測点機能を追加した。同社は既に都市再開発や市庁舎などの建築8現場、道路や橋梁、ダム工事など土木7現場で活用を開始している。     =関連12...
[ 2016-06-24 3面 ]
* 鹿島/「美シール工法」/表面緻密な高耐久コンクリ/大規模適用で性能確認 [ 2016-06-22 3面 ]
* 国内最高の気密性確保/竹中工務店/バイオ施設が本格稼働 [ 2016-06-21 3面 ]
* ガイアートT・K/FFP実績20万㎡突破/事故対策舗装で採用増 [ 2016-06-20 3面 ]
* 法定福利費を全額支払い/大林組 促進強化で未加入分も [ 2016-06-17 1面 ]
* 外環の地中拡幅/シールド連結、外殻部を構築/前田建設 [ 2016-06-15 3面 ]
* 鹿島/国内初の実用化/ドローンでレーザー測量/高精度実現、出来形も管理 [ 2016-06-14 3面 ]

10年後の担い手不足数試算/入職・定着へ総力結集/国交省

【産業に「危機意識」醸成】
 ここ数年、建設産業界を挙げて取り組んできた「担い手の確保」が、このまま順調に進むと仮定した“最良”のシナリオであっても、10年後の技能労働者に不足が生じる可能性があることが、国土交通省の試算で明らかになった。若手の入職促進と定着(離職の防止)を促す処遇改善に官民の総力を結集して取り組んでいかなければ、建設産業は成り立ち得ない。試算結果は、産業全体に、その危...
[ 2016-06-23 1面 ]
* 9事例のコスト比較/PCa活用成果を集約/北陸整備局が事例集 [ 2016-06-23 9面 ]
* CIM導入へ産学官一体/国交省/推進委発足、指針・基準を策定 [ 2016-06-22 1面 ]
* 地震発生がれき/2年で195万t処理/熊本県が実行計画再生利用率70%目指す [ 2016-06-22 2面 ]
* i-Con推進に注力/自治体への普及を支援/中神北陸整備局長が就任会見 [ 2016-06-22 8面 ]
* 地方ブロック土木部長会議が閉幕/「現場の声」施策に反映/国交省 [ 2016-06-21 1面 ]
* 国立大などで文科省/収益型PPP・PFI拡大/導入調査委託 9月決定 [ 2016-06-21 2面 ]

渡邉建産連会長/予算を継続要求/経審見直しにも注力

 全国建設産業団体連合会の渡邉勇雄会長は就任インタビューに応じ、地域建設業者が今後、継続的に発展していくためには「予算の継続と経営事項審査の見直し」が必要だと語る。「地方の建設業者には、公共工事依存型の事業者も多くいる。昨今は補正が当然という流れになっているが、当初予算をある程度きちんと固めるという本来の形に戻せるよう、働き掛けていきたい」と意気込み、経審の見直しでは「それぞれの土俵にあった評価事...
[ 2016-06-23 1面 ]
* 利根沼田テクノアカデミー/大工、水道コースを17年度新設 [ 2016-06-23 5面 ]
* 手続き合理化、円滑化/掛金納付に「口座振込・振替方式」/建退共たたき台 [ 2016-06-22 1面 ]
* 15年度/国内外の契約土量37%増/埋浚 海外受注は7562億円 [ 2016-06-20 1面 ]
* 担い手確保など3テーマ/建コン協/6月30日中部皮切りに意見交換会 [ 2016-06-16 2面 ]
* 全会員が標準見積書活用/業界全体へ普及目指す/新潟県切断穿孔工法研 [ 2016-06-14 7面 ]
* 日建連/意見交換会・中国/積算準備の短さ指摘/下期から新たな考え試行 [ 2016-06-10 2面 ]

住宅、商業、道の駅/台東区の北部小包集中局跡地活用3案

【デベ・ゼネコンから意向】
 東京都台東区は、区内最大の用地となる旧東京北部小包集中局跡地の活用に向けた報告書をまとめた。ディベロッパーやゼネコンなど18者にヒアリングを行った上で、住宅を中心とした施設、商業施設、「道の駅」に類する施設の3案を打ち出した。7月から地元7町会で構成する地域協議会との意見交換を進め、過去の検討案も含めて有効活用策を探る。調査検討業務のコンサルタントは、ユー...
[ 2016-06-24 4面 ]
* 国際展示場増築を公告/設計は佐藤総合、8月4日まで受付/東京都財務局 [ 2016-06-24 4面 ]
* 柏市/市立病院あり方検討提案競技/参加表明7月8日まで [ 2016-06-24 5面 ]
* 東北整備局ICT活用工事を公告/発注者指定型の初弾/釜石西道路改良など2件 [ 2016-06-24 6面 ]
* 住・商延べ4.8万㎡/錦二丁目7番地区再開発都計素案/名古屋市 [ 2016-06-24 7面 ]
* 参加表明7月11日まで/1.5万㎡総合体育館設計/高岡市 [ 2016-06-24 7面 ]
* 4者の対話参考に検討/県と広島市/西飛行場跡地利用 [ 2016-06-24 10面 ]

人事異動・新社長に伊達専務/森トラスト

 森トラストは23日の取締役会で、伊達美和子専務兼森トラスト・ホテルズ&リゾーツ社長の社長就任を決めた。同日付で就任した。森章社長は代表取締役会長に就いた。
 伊達 美和子氏(だて・みわこ)1996年3月慶大大学院政策・メディア研究科修了後、長銀総合研究所勤務を経て98年10月森トラスト入社。2003年3月常務、08年6月専務。10年5月森観光トラスト(現森トラスト・ホテルズ&リゾーツ...
[ 2016-06-24 1面 ]
* 人事異動・国交省 [ 2016-06-24 2面 ]
* 人事異動・東京都 [ 2016-06-24 2面 ]
* 人事異動・高松氏に代表権/高松コンストラクショングループ [ 2016-06-24 3面 ]
* 人事異動・大成ロテック [ 2016-06-24 3面 ]
* 人事異動・高松コンストラクショングループ [ 2016-06-24 3面 ]
* 人事異動・東芝プラントシステム [ 2016-06-24 3面 ]
* 発注公告・金融公庫1 [ 2016-06-24 4面 ]
* 発注公告・高田松原国営追悼・祈念施設(仮称)管理棟新築設計業務 [ 2016-06-24 4面 ]
* 発注公告・宮古盛岡横断道路用地調査等業務 [ 2016-06-24 4面 ]
* 発注公告・青森管内構造物点検業務 [ 2016-06-24 4面 ]
* 発注公告・道の駅しちのへ建築設計業務 [ 2016-06-24 8面 ]
* 発注公告・管内技術課題に関する技術支援業務 [ 2016-06-24 8面 ]
* 発注公告・小名浜港東港地区岸壁構造検討業務 [ 2016-06-24 8面 ]

◇【北海道事協】北の住まい住宅設計コンペ作品募集! テーマは「距離の家」、8/8締切
◇【募集】7/28「親子で土木の現場めぐりバスツアー」開催! 申し込みは7/22まで
◇【募集】農業実習管理棟の設計求む! 北海道建設部の高校生建築デザインコン
◇【大阪歴史博物館】戦前の「郷土建築」保存運動を紹介 「泉布観」立面図も! 6/15-8/9@大阪市
◇ 【募集】2018年は「北海道」命名150年! 記念事業のアイデア募集
◇【日本建築家協会】JIA新人賞の募集を開始! 審査員は飯田善彦ら 締め切り7/29
◇【中部建築賞】8/1-31に作品募集 対象は中部圏で新築、改修、修復した建築物
◇【寒地土木研究所】「北のくらし」を支える技術が学べる! 研究施設を一般公開 7/1、2@札幌
◇【大阪府建団連】「建築・土木技能体験フェア2016」7/15、16開催! @花博記念公園、入場無料
◇【神奈川建築コン】住宅・一般建築物の2部門で作品募集! 7/1まで受付
◇【セミナー】札幌商工会議所が「地方創生セミナー」開催 6/28@札幌市
◇【夢けんせつフォトコン】テーマは「建設業にはたらく人々」と「建設物がある滋賀の風景」 7/20まで
◇【経産省ら】「ロボット大賞」募集! 5部門・5分野で6/30まで受け付け
◇【東京地下鉄】バリアフリーな「まちの顔」募集! 茅場町駅、赤坂駅周辺の開発提案、21年3/31まで
風波(ふうは)
 金融の正常化の1つは短期金利の誘導で経済を安定させること。各国中央銀行は物価の安定を第一とし雇用の維持拡大なども目標に入れ、協調しながら行動している

リーマン・ショックの影響からFRBが始めた国債を大規模購入し長期金利を抑える手法は日本にも定着した。しかし、これにより日銀のバランスシートは緩和前に比べ大きく膨らんだ

問題は、低金利が続くことにより、過度にリスクを伴った取引が増えていく傾向だ。長期固定でローンを組む住宅売買なら話は分かるが、一部の投資家や企業による過度のリスク志向は危険だ

先日、民間の調査機関が発表した東京五輪に対する東海4県の意識調査によると、各企業はインフラ整備、土木資材に期待しているとか。リスクを排除し本業に取り組む堅実な姿勢が望まれる。