ニュースカテゴリー
  • 行政
  • 企業
  • 団体
  • 地域ニュース
  • 人事・訃報
  • 発注公告
  • 予算
  • 特集
TOP
カナリヤ通信 CNCPアワード 2016
TOPニュース

耐力度調査方法/建築学会で改定検討/文科省 公立校老朽度合い評価

【2017年2月末に報告書】
 文部科学省は、公立学校施設の老朽度合いを総合的に評価する「耐力度調査」の調査方法などを改定するための検討業務を、日本建築学会に委託することを決め、388万8720円(税込み)で契約を結んだ。耐力度調査は2001年度以降改定していないことから、その後の関係法令改正内容を反映させた上で、進展する建築技術の内容を取り入れる。検討結果次第では、危険改築事業の補助...
[ 2016-05-27 1面 ]

コンクリ製品3協会/i-Conで国交省と意見交換/プレキャスト化は重要

【生産性の向上へ連携】
 全国コンクリート製品協会(三町令子会長)、全国土木コンクリートブロック協会(本間丈士会長)、道路プレキャストコンクリート製品技術協会(棚橋肇会長)は26日、東京都千代田区の情報オアシス神田で、国土交通省本省と各地方整備局などとの意見交換会を開き、建設現場の生産性向上方策「i-Construction(アイ・コンストラクション)」などについて、活発な意見を交わし...
[ 2016-05-27 1面 ]

人事異動・セメ協/新会長に福田氏(太平洋セメ社長)

【安定供給に万全】
 セメント協会は26日に理事会を開き、次期会長に福田修二太平洋セメント社長を選任した。同日会見した福田次期会長は、 東京五輪や老朽インフラの整備などが今後計画的に進むことに触れながら「今後の内需は4300万t程度で推移するのではないか」との国内市場の需要予測を示した上で、 「メーカーの責務である安全管理を大前提に、安定供給に万全を期す」と強調した。任期は同日から2年...
[ 2016-05-27 1面 ]

鴻池組/BIMの成功体験広げる/今期20件に導入拡大

 鴻池組は、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の本格導入に舵を切った。既に設計業務の約半数でBIMを導入するとともに、施工段階でも着実に導入数を伸ばし、今期末の2016年9月の導入数は20件程度になる見通しだ。ことし4月にはモデル作成基準を策定し、BIM導入のワークフローを設計本部内に周知した。井上光二設計本部設計管理部長は「一度BIMに触れ、効果を知った現場は次も使う、という...
[ 2016-05-27 3面 ]
* 戸田建設/筑波技術研究所施設を増強/初弾 環境技術実証棟に着手 [ 2016-05-26 3面 ]
* 産業魅力向上へ率先/三井住友建設/実現場で週休2日 [ 2016-05-25 3面 ]
* 日本アジアグループ/「G空間×ICT」で開拓/気候変動のリスクヘッジ推進 [ 2016-05-23 3面 ]
* 漆喰塗料「アレスシックイ」/抗ウイルス性を確認/関西ペイント [ 2016-05-23 3面 ]
* トンネル発破/超低周波音を低減/志度トンネルで効果確認/錢高組 [ 2016-05-20 3面 ]
* 会員制サテライトシェアオフィス展開/1年で30店舗に拡大/東急電鉄 [ 2016-05-20 4面 ]

2016年3月末/許可業者46.7万社/16年間で13万社減

 国土交通省は25日、2016年3月末現在の建設業許可業者数(許可業者数の調査結果)を発表した。全国の許可業者は前年度比1.1%減の46万7635社(者)。ピークだった00年3月末の60万0980社(者)と比較すると、22.2%の減少となっている。資本金階層別の業者数でみると、「個人」や「1000万円以上5000万円未満」の減少が大きいのも特徴だ。
 調査は1972年の許可制度採用から...
[ 2016-05-26 1面 ]
* 国交省/庁舎モデル標準単価は平均2.6%アップ [ 2016-05-26 1面 ]
* 文科省/積算要領と基準改定/土木工事など6月から [ 2016-05-26 1面 ]
* 事前協議徹底を推奨/民間工事指針の骨子 基本問題小委に提示/国交省 [ 2016-05-25 1面 ]
* 中小「合併」「廃業」で対応策/業許可、経審に特例措置導入/国交省 [ 2016-05-25 1面 ]
* 上期監理課長等会議/中国ブロック・キックオフ/「担い手3法」浸透 [ 2016-05-25 1面 ]
* 標準見積書活用を徹底/元請に下請指導責任求める/国交省 [ 2016-05-24 1面 ]

市場を守ってきた/“特殊技術”の強み/マリコン業界の今後を左右

【是が非でも有効性証明】
 日本埋立浚渫協会が、羽田空港などの地盤改良工事での不正問題を受けてまとめる施工・品質管理の指針は、マリコン業界の行方を左右するものとなる。その理由は、マリコンが「臨海部の建設技術に強みを持つ専門企業」(清水琢三新会長)であることに尽きると言える。
 埋浚協の会員が活動してきた海洋土木の市場は、海底や埋立地という特殊な環境下でも施工できる“特殊な技...
[ 2016-05-24 1面 ]
* 埋浚協 清水新会長、毛利副会長 総会後会見/技術力への信頼をもう一度 [ 2016-05-24 1面 ]
* 推進協/登録基幹技能者現場配置を要請/主任技術者の位置付けを [ 2016-05-24 1面 ]
* 5期連続の増加/PC建協受注状況7期ぶり3000億超え/新会長に菅野氏 [ 2016-05-20 2面 ]
* 15年度土木学会賞に94件/功績賞は家村氏ら8人 [ 2016-05-19 1面 ]
* 最優秀賞に石巻市水産物卸売市場/CM選奨2016 [ 2016-05-19 2面 ]
* 現法受注が過去最高/海建協の15年度工事実績 [ 2016-05-18 1面 ]

低層部にガラスの大屋根/住友不動産の新宿住友ビル改修計画

【全天候型広場空間を創出】
 東京・西新宿の高層ビル群の草分けとなる“住友三角ビル”の足下に大規模アトリウムを整備--。住友不動産が、既存ビルの更新と耐震性能を強化する「新宿住友ビル改修計画」の中で、超高層ビルの低層部を囲む形で大屋根による全天候型スペース「アトリウム広場」を計画していることが分かった。ビル北側のバスターミナルを取り壊して、「イベントホール」も整備する。2016年に都市...
[ 2016-05-27 4面 ]
* 免震で4.4万㎡想定/保健所など合築で増床/中野区新庁舎 [ 2016-05-27 4面 ]
* 日赤が再公告/芳賀赤十字病院移転新築2件/6月13日まで受付 [ 2016-05-27 5面 ]
* フジタJVに決定/北4東6周辺地区再開発/特定業務代行者 [ 2016-05-27 6面 ]
* 南相馬市/本庁舎建設を推進/期間延長、合併特例債活用 [ 2016-05-27 6面 ]
* 小牧に3.6万㎡物流施設/マルチテナント型、12月着工/GLP [ 2016-05-27 10面 ]
* 185億余の大林JV/広島高速/高速5号線シールドT [ 2016-05-27 14面 ]

人事異動・東急建設

◆東急建設
 (6月24日)取締役(顧問)泉康幸▽退任(取締役会長)八方隆邦▽同(社外取締役)高橋和夫▽社外監査役、長田忠千代▽同、齋藤洋一▽監査役(執行役員内部統制推進室長)橋本聰
 ▽退任(常勤監査役)金井健至▽同(社外監査役)齋藤晴太郎▽同(同)岩田哲夫▽執行役員内部統制推進室長(内部統制推進室次長)伊東俊紀
[ 2016-05-27 3面 ]
* 人事異動・大末建設 [ 2016-05-27 3面 ]
* 人事異動・りんかい日産建設 [ 2016-05-27 3面 ]
* 人事異動・三建設備工業 [ 2016-05-27 3面 ]
* 人事異動・弘電社 [ 2016-05-27 3面 ]
* 人事異動・富士通ネットワークソリューションズ [ 2016-05-27 3面 ]
* 人事異動・ミライト・テクノロジーズ [ 2016-05-27 3面 ]
* 発注公告・電子基準点現地調査(北海道北東部地区) [ 2016-05-27 4面 ]
* 発注公告・磐城国道管内占用物件調査業務 [ 2016-05-27 12面 ]
* 発注公告・久慈港閉鎖性海域における環境保全方策検討業務 [ 2016-05-27 12面 ]
* 発注公告・宮古港藤原地区岸壁(-10m)(改良)詳細設計 [ 2016-05-27 12面 ]
* 発注公告・成瀬ダム実施施工計画検討業務 [ 2016-05-27 12面 ]
* 発注公告・東北地域における港湾機能の利便性向上及び高度化に資するみなとオアシスの活用方策検討業務(電子入札対象案件) [ 2016-05-27 12面 ]
* 発注公告・東京国税局葛飾税務署(16)設備改修設計業務 [ 2016-05-27 12面 ]

風波(ふうは)
 設計者は、建材メーカーをどのような存在として受け入れるべきか。メーカーから見れば設計者は製品を採用してもらうための最重要顧客だが、国が違えば関係性も異なる

分離発注が主体の米国では専門の施工業者が製品選定に大きな影響力をもつ。故に現地のメーカーは設計者よりも専門工事会社への営業を重要視する傾向が強いようだ

設計仕様への織り込みを目的とした設計者への提案よりも、設計者から技術的アドバイスを受ける関係性を米国のメーカーは重要視している

ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)のように高度な製品技術に裏打ちされた空間性能が求められる時代。製品決定の前倒しにより、設計段階から高度な空間検証が可能になることは言うまでもない。設計者とメーカーはもっと密接な関係をつくるべきだ。